楽校コラム

  • チャックは日本語?

    昭和30年代から40年代くらいの学校では、おしゃべりな子はよく先生に 「口にチャックをかけろ!」と叱られたりしたものだ。 チャックという開閉自由の留め具は他にもいろいろ呼び方がある。一般には「ファスナ...
    2014年12月22日 19:53
  • “ホームベース”も“トップバッター”も“フォアボール”も“デッドボール”も英語では通じない

    太平洋戦争中の日本は、英語を敵国の言語(敵性語)とみなして使用を禁止していた。野球も例外ではなく、用語を日本語に置き換えるよう指示があった。ストライクは「よし」、ボールは「悪球」、セーフは「安全」、ア...
    2014年12月22日 19:51
  • 「ババ抜き」のことを昔は「お婆抜き」と言った

    雑学の本を読むと、トランプのゲーム「ババぬき」の語源を、「ババ=糞」として説明しているものが多い。ネコババ、という言葉があるように、猫は自分のしたフンに後足で砂をかけて隠す。つまり、インチキを隠すとい...
    2014年12月22日 19:50
  • シエラレオネ共和国の旗は、あのコンビニの看板と同じ配色である

    アフリカ大陸の国には、歴史が極めて古い国も多いが、また新しい国も多く、なかなか覚えられないという声をよく聞く。 シエラレオネ共和国は1961年に独立した、まだ誕生から半世紀程の新興国だ。その国旗が、最...
    2014年12月22日 19:49
  • お天気雨のことを日本では『狐の嫁入り』、ケニアでは『ハイエナの結婚式』という。

    お天気雨とは、太陽が照っているのに、にわか雨が降ってくる気象現象のことだ。 原因としては、雲から降った雨が風に運ばれて、雲のない場所に降ること。 また、雨が地上3000mあたりの雲から地上に到達するの...
    2014年12月22日 19:40
  • 英語で数字を表記するとき、なかなか出てこない文字は?

    日本で「それは基本中の基本だよ」と言うとき、「それはイロハだ」と比喩で言う。昔の日本人は50音を「いろはにほへと」で学んだから、子供が最初に学ぶこと、という意味である。英語でも全く同じく、アルファベッ...
    2014年12月4日 16:28
  • 日本人は世界一不安症になりやすい遺伝子型を持っている

    テストやスポーツ大会などの直前になると、誰しも不安になるものだ。充分に勉強や練習はしていても、本番でなにかミスやトラブルがあったらどうしよう、と心配になってしまい、体の調子がおかしくなる人も多い。 一...
    2014年12月4日 16:27
  • イタリアのパスタ「バーミセリ」の意味は……

    イタリア料理の麺類を日本ではパスタと言いスパゲティとも言うが、スパゲティというのはパスタ(麺類)の一種で細くて長いものを言う。 日本では第二次世界大戦後の1955年に日本製粉がオーマイスパゲティの名前...
    2014年12月4日 16:26
  • フグ自体は毒を産出しない

    「河豚(フグ)は食いたし命は惜しし」という諺があるくらい、日本人はその猛毒にびくびくしながらフグを賞味してきた。現在では、フグの調理には免許が必要で、毒のある肝臓や卵巣を注意深く取り除き、かつ、その取...
    2014年12月4日 16:25
  • 名前を聞くと年が分かる?アメリカ人の名前の流行

    日本で「ウメさん」「イネさん」「トメさん」といった名前が出てくると、お婆さん、あるいは明治や大正を舞台とした小説やドラマが思い浮かぶ。実は英語にもお婆さんを連想する名前はちゃんとある。代表的な例がガー...
    2014年12月4日 16:24
  • 元祖キラキラネーム?森鴎外の子供・孫たち

    明治の文豪として名高い森鴎外。鴎外本人だけではなく、子供・孫達も文筆業や大学教授など、各界で活躍した人が多いスーパー一族だが、その名前のユニークさも際立っている。 鴎外の本名は森林太郎というが、ドイツ...
    2014年12月4日 16:22
  • マグニチュードは地震の他に、星の明るさも表す単位

    地震速報のたびに、「ただいまの地震はマグニチュード×.×」というニュースが流れる。震度と混同する人が多いが、震度とは揺れの大きさを表し、マグニチュードは「地震が発するエネルギーの大きさ」を示す数字であ...
    2014年12月4日 16:21
  • プロ野球のボールの検査は『日本車両検査協会』が行っている

    野球のボールは、現在はミズノ一社が製造して統一球としているが、昔は9社ものメーカーが公式球を製造し、球団はその中から気に入ったものを選んで使っていた。当然製法も素材もバラバラで、飛び方もまちまちだった...
    2014年12月4日 16:20
  • カナリアの語源は犬である

    「♪歌を忘れたカナリアは……」 という北原白秋の歌でおなじみのカナリアは、すべての鳴く小鳥の中でも最も美しい声を持つと言われ、かなりロマンチックなイメージが強い。 美しい黄色の羽の色がまたたおやかで、...
    2014年12月4日 16:19
  • 葬式のとき、おにぎりを投げる風習の地方がある

    世界には、さまざまな葬式の形がある。中国の一部地域では葬式のとき、集まった人々がみんなで麻雀をするし、ハワイの葬式は喪服ではなく、着飾った晴れ着でにぎやかに執り行う。 日本も、かつては各地方で独特の型...
    2014年12月4日 16:18