現代社会

  • 日本全国の自動販売機の下には4億6000万円のお金が埋もれている

    ・世の中には計算が大好き、という人がいる。数学の時間など大変有利だと思うが、こ ういう人は試験の計算問題でなく、全く実生活の役に立たない変な計算しかする気がな いようだ。 *以下のリンクをご覧下さい。...
    2014年5月3日 17:45
  • ラトビアと北海道の小さな町、東川町の心温まる交流

    旭川市に隣接する人口約8000人の小さな町、東川町。北海道最高峰の旭岳を擁するこの町は、「写真の町」として知られ、高校生のための「写真甲子園」など数多くのイベントが開かれていることでも有名だ。さらに、...
    2014年4月24日 20:25
  • リニアモーターカー、2027年開業に向けて (その2)

    「電力の大量消費」「ヘリウム依存」「着地時のショック」…リニアモーターカーの実用化に向けてのこされたこれらの問題をまとめて解決する研究が進んでいる。カギを握るのは、これまでよりも高い温度で超電導状態に...
    2014年4月24日 20:24
  • リニアモーターカー、2027年開業に向けて (その1)

    2027年の部分開業に向けて、研究開発が進むリニアモーターカー。計画では、東京~名古屋間を最速40分で結ぶ。2045年の全面開業後は、東京~大阪間を最速67分で結ぶ予定だ。JR東海は、これまでに多くの...
    2014年4月24日 20:23
  • チワワやダックスフンドが警察犬に!

    人間の4千倍~6千倍といわれる嗅覚などを生かして、事件の解決に貢献する警察犬。日本警察犬協会では、エアデール・テリア、ボクサー、コリー、ドーベルマン、ゴールデン・リトリーバー、ラブラドール・リトリーバ...
    2014年2月1日 18:36
  • サツマイモはエネルギー問題を解決するかも

    近畿大学の鈴木高広教授は、新たなエネルギーとして、サツマイモを活用する研究を進めている。なぜ、サツマイモなのか。鈴木教授が重視するのは、効率のよさだ。鈴木教授は、化粧品会社に勤務していたときに、化粧品...
    2014年2月1日 18:34
  • 荘子の言葉から生まれた「多孔性金属錯体」

    あなたは、建物を見るとき、壁と柱を見ますか、それとも壁と柱で区切られた空間を見ますか? 京都大学の北川進教授の手で生まれた「多孔性金属錯体」が世界的な関心を集めている。(金属錯体とは金属分子とそれ以外...
    2013年12月26日 20:22
  • 蚊を参考にして生まれた「痛くない注射針」

    生物のもつ優れた機能や形状から得たヒントを、工学や医療分野に応用する「バイオミメティクス」という技術が盛んになりつつある。兵庫県西宮市の医療機器メーカー「ライトニックス」が開発したのは、「痛くない注射...
    2013年12月26日 20:20
  • ダチョウの一種・エミューがメガソーラーを守る

    各地でメガソーラーと呼ばれる大がかりな太陽光発電所が建設されている。もっともいくつかの難題がある。その一つが雑草をどうするかである。草が生い茂りパネルを覆ってしまうと発電効率が下がる。かといって人間が...
    2013年12月26日 19:51
  • 90年代にパニックを引き起こした牛海綿状脳症のその後

    牛海綿状脳症(BSE)はその名の通りに脳が海綿(スポンジ)のようになってしまう病気だ。症状が進むと立つことさえもできなくなってしまう。牛海綿状脳症は細菌やウイルスではなく、プリオンというタンパク質によ...
    2013年12月26日 19:49
  • ひと昔前にあった学校の焼却炉はなぜ消えた

    1990年代半ばまで、多くの学校には、ゴミを処分するための焼却炉があった。皆さんのお兄さん、お姉さんの中には、覚えている人もいるはずだ。どうして無くなったのだろうか。皆さんは、ダイオキシンという有毒物...
    2013年12月26日 19:47
  • 日本人の活躍が目立つイグノーベル賞

    ノーベル賞のパロディとしてスタートしたイグノーベル賞。1991年から2013年までの23年間に、日本人受賞者が出なかったのはわずか7年だけと、日本人の活躍が目立っている。 「夫のパンツに吹きかけること...
    2013年12月6日 19:55
  • 2013年、日本人がイグノーベル賞をW受賞!(その2)

    2013年のイグノーベル賞化学賞を受賞したのはハウス食品研究所主管の今井真介さんらのグループと発見に貢献した石川県立大学長の熊谷英彦さん。酵素の研究により、切っても涙が出ない玉ねぎを作ることに成功した...
    2013年12月6日 19:55
  • 2013年、日本人がイグノーベル賞をW受賞!(その1)

    全世界の幅広い分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られるイグノーベル賞。2013年には、日本人が医学賞と化学賞を受賞した。医学賞を受賞したのは、帝京大医学部外科准教授の新...
    2013年12月6日 19:54
  • 人を笑わせ、考えさせる「イグノーベル賞」

    1991年に創設された「イグノーベル賞」。「イグ」には「反対の」という意味があり、「イグノーベル賞」は「裏ノーベル賞」としても知られている。「人を笑わせ、考えさせること」が授賞の条件となっている。ノー...
    2013年12月6日 19:53