日本史

  • 4000人が大移動。見栄で膨らむ大名行列

    江戸幕府が諸藩に課した参勤交代は、経済的な負担を大きくすることで、藩の力を抑える目的があったとされている。権勢を示すために、必要以上の人数を引き連れたり、華美に走ったりした藩もあったので、幕府の狙いは...
    2013年12月26日 19:59
  • 法皇・上皇の熊野御幸。最高記録は33回

    天皇の外出を「行幸」というのに対し、上皇・法皇・女院の外出を「御幸」と呼ぶ。中世には皇室との関わりが深かった熊野だが、天皇が訪れることは決してなかった。初めて熊野を訪れた皇族は宇多上皇、907(延喜7...
    2013年12月26日 19:57
  • 裏山で倒れかけていた石仏は、何と快慶の最古作だった

    鎌倉時代に活躍した仏師として知られる快慶。その最古の作品と考えられる石仏が見つかった。場所は奈良県三郷町にある持聖院。この寺院は、鎌倉時代の僧侶・貞慶が開いたとされる惣持寺(廃寺)の子院である。院の裏...
    2013年12月6日 19:48
  • 人生訓「親父の小言」の起源は江戸だった

    「親父の小言」という人生訓を見たことはあるだろうか。よく知られているものは45か条あり、福島県浪江町にある大聖寺の住職が1928年(昭和3年)に書家に書いてもらったもの。庫裏に掲げられていた内容を檀家...
    2013年12月6日 19:47
  • 国内唯一の「朝鮮通信使」の資料館が広島にある

    江戸時代、朝鮮半島の王朝からは、徳川将軍家の代替わりなどの際に「朝鮮通信使」が派遣された。その歴史を専門に紹介する国内唯一の資料館が広島県呉市の下蒲刈島にある御馳走一番館である。釜山を出た通信使は瀬戸...
    2013年12月6日 19:46
  • 江戸時代の地震計は雨水を貯めた「天水桶」

    江戸時代には江戸で地震が起きると、大名の江戸屋敷から将軍にご機嫌伺いの使いを出した。とはいえ、震度1~2では使いを出すまでもない。では震度3~4ではどうだろうか。こうした悩みを解決すべく、使われたのが...
    2013年12月6日 19:44
  • 豊臣政権崩壊を加速した慶長伏見大地震(その2)

    慶長伏見大地震が発生した当時は秀吉と家康の力関係が微妙だった。地震後の武将の行動には彼らの本音がよく表れた。ゴマすりで知られた細川忠興は真っ先に秀吉のもとに駆け付けた。秀吉の死後に徳川方に寝返るとは思...
    2013年12月6日 19:43
  • 豊臣政権崩壊を加速した慶長伏見大地震(その1)

    1596年9月5日(文禄5年)京都・伏見付近で大地震が発生した。慶長伏見大地震と呼称されるこの地震の死者は1000人以上。東寺や天龍寺、伏見城天守閣なども大きな被害を被った。その頃、豊臣政権下の大名た...
    2013年12月6日 19:42
  • 弥生人は分銅で何を量ったのだろう

    大阪市八尾市にある弥生時代の亀井遺跡で32年前に見つかった石製品に注目が集まっている。もともとは何かをすりつぶす石器と考えられていたが、2012年、森本晋・奈良文化財研究所国際遺跡研究室長の調査で、分...
    2013年12月6日 19:41
  • 生麦事件の犠牲者の写真が発見された

    1862年(文久2年)8月21日に起きた生麦事件では、薩摩藩主の父、島津久光の行列の前で下馬しなかったことを理由に3人のイギリス人が殺傷された。犠牲者の一人である商人、チャールズ・リチャードソンの生前...
    2013年12月6日 19:40
  • 戦後、学校給食を復活させたアメリカ人

    終戦直後の日本の食糧事情は劣悪であり、当時1300万人いた小学生の多くがひもじい思いをしていた。日本の学校給食は1930年ごろには一部で実施されていたが、1940年代に入り、食糧事情の悪化により絶えて...
    2013年12月6日 19:38
  • ペリー提督と会った儒学者の記録が発見された

    幕末に日本を訪れ開国を迫ったペリー提督。直接、彼に会った儒学者が印象を記した見聞録の写しが福山市の広島県立歴史博物館の収蔵庫から見つかった。筆者は福山藩の江木鰐水(えぎ がくすい)。幕府側の代表であっ...
    2013年12月6日 19:38
  • 関東大震災のガレキでできた山下公園

    横浜の名所として知られる山下公園。童謡『赤い靴』にちなんだ像や姉妹都市であるサンディエゴ市から贈られた水の守護神像など見どころも多い。ところでこの公園がどのようにしてできたかご存知だろうか。1923年...
    2013年10月9日 17:36
  • 日本三大仏といえば、奈良大仏、鎌倉大仏、それから…

    「三大○○」という表現はよくみられるが、「三大大仏」といわれてもピンとこない人が多いだろう。大仏と言えば、奈良大仏(東大寺)と鎌倉大仏(高徳院)が思い浮かぶが、3番目となると、すぐに思いつかない。実は...
    2013年8月9日 18:56
  • イギリスからの独立をめざしたインド少年兵の数奇な運命

    インドの独立運動家として活動したスバス・チャンドラ・ボース。彼は、穏健派のマハトマ・ガンジーと異なり、イギリスからの独立には武力闘争が不可欠であると考えていた。1941年にインドを脱出し、ソ連やドイツ...
    2013年7月17日 23:42