生物

  • 史上最古の共同トイレができたのは2億4000万年前!?

    共同トイレで排泄をする生物は、ウマ、バク、ゾウなどの近代哺乳類とモアなど一部の鳥類に限られている。動物の集団排泄が始まったのは、それほど古いことではないと考えられていたが、2013年11月、古代生物研...
    2014年2月1日 18:43
  • 私たちのご先祖様はクシクラゲ!?

    地球で最初に誕生した動物は何か? その可能性が指摘されているグループは4つある。海綿動物門、有櫛動物門、刺胞動物門(のうちのクラゲの仲間)、平板動物門。これまでは、すべての動物の共通の祖先は海綿動物と...
    2014年2月1日 18:42
  • スズメバチの繭から、オーディオ部品が誕生

    スズメバチといえば、害虫の中で最悪というイメージが強い。何しろ刺されたら命にかかわる。実際に、2012年には国内で22名もの命が奪われている。そんなスズメバチの巣にある繭から、オーディオ部品が生まれた...
    2013年12月26日 20:17
  • 不老不死のクラゲに注目

    ベニクラゲ(直径8mm)とヤワラクラゲ(直径2mm)という小さなクラゲに注目が集まっている。理由はまるで不老不死を実現したかのように若返りすることにある。クラゲには雌雄があり、生殖によって子孫を増やす...
    2013年12月26日 20:16
  • ミノムシが絶滅危惧種になっていた

    高校生の皆さんは「ミノムシ」という言葉から、その姿を想像できるだろうか。ミノムシとはオオミノガをはじめとするミノガの幼虫のこと。枯葉や枯れ枝で袋状の巣を作り、その中で越冬する。巣が蓑(みの/ワラで作っ...
    2013年12月26日 19:55
  • クモの糸が画期的な工業製品に

    クモの糸から画期的な工業製品が生まれる可能性が高まっている。山形県鶴岡市にあるスパイバー株式会社は、人工合成したクモの糸の量産を2013年からスタートする。代表の関山さんは学生時代にクモの糸に魅せられ...
    2013年12月6日 19:37
  • ヤマトシロアリも「血筋」にこだわっていた

    日本には2種類のシロアリがいる。ひとつは、木造建築物に大きな被害を与えるイエシロアリ。もうひとつは、ヤマトシロアリ。こちらもイエシロアリほどではないが、木造建築物に害を与える。 ヤマトシロアリの巣には...
    2013年12月6日 19:35
  • 全生物の祖先は75度以上の熱い海に生息

    地球上のすべての生物はある共通の生物(共通祖先生物)から進化したと考えられている。 大まかに言ってすべての生物の遺伝の仕組み、タンパク質を作る仕組み、代謝の仕組みなどが共通しているからである。共通祖先...
    2013年12月6日 19:32
  • マグロ、サバ、カツオはもともと深海魚だった

    2013年2月、ロシア・チェリャビンスク州に巨大な隕石が落ちたことは記憶に新しい。長い歴史の中で、地球に飛来した隕石は相当な数に上ると考えられる。 約6500万年前に恐竜が絶滅した原因は巨大な隕石がメ...
    2013年12月6日 19:31
  • 生命の起源は火星から飛来?

    地球上の生命がどのように誕生したのか。これまでにさまざまな説がとなえられてきたものの、圧倒的な支持を得ているものがない。近年、再び注目を浴びているのが、生命の起源は他の天体からきたとする「パンスペルミ...
    2013年12月6日 19:30
  • クモの糸を研究して35年、その驚くべき成果とは

    芥川龍之介の『蜘蛛の糸』のカンダタ(犍陀多)のように、クモの糸にぶら下がったのは大崎茂芳さん(奈良県立医科大学名誉教授)である。クモの巣は粘着性のある「横糸」、巣の骨格となる「縦糸」など様々な種類があ...
    2013年10月9日 17:42
  • 深刻化する鹿の害。古寺も大いに悩む

    雲取山(東京都)や大台ケ原(奈良県)など、各地でニホンジカによる食害が深刻化している。野生動物による森林被害のうち約6割がニホンジカによるものとされている(農林水産省ホームページより)。紫式部ゆかりの...
    2013年10月9日 17:41
  • 毎年4万人の失明を防ぐ薬は、地道な土堀りから生まれた。(後)

    1970 年代前半、北里研究所抗生物質室長だった大村さんは、研究員とともにスプーンとポリ袋を持ち歩き、各地の土を収集していた。土中にいる菌を調べるためである。その数は年間3000にも達した。1974年...
    2013年8月27日 18:46
  • 毎年4万人の失明を防ぐ薬は、地道な土堀りから生まれた(前)

    アフリカや中南米で2000万人の感染者がいると推定されている「河川盲目症」。アメリカの大手製薬会社メルクが抗寄生虫薬「メクチザン」を開発し、1987年から無償提供を開始。世界保健機関(WHO)がこの薬...
    2013年8月27日 18:45
  • 最長10.6mから3.6mに。オナガドリの尾が短くなっている

    オナガドリは国の特別天然記念物であり、高知県南国市で飼育されている。普通のニワトリは1年に一度羽が生え変わるが、オスのオナガドリの尾羽は生え変わらないため、非常に長くなる。1974年には10.6mの尾...
    2013年8月9日 18:46