生物

  • 「ジュラシック・パーク」にも登場した恐竜の化石を福井で発掘

    福井県勝山市の県立恐竜博物館は、2013年6月24日、同市内の約1億2000年前の地層からオルニトモミサウルス類の指の骨の化石が発掘されていたことを発表した。オルニトモミサウルス類は首や後ろ脚が長いこ...
    2013年8月9日 18:44
  • 琵琶湖で新種の微小生物が大量発見されていた

    ホンモロコ、ゲンゴロウブナ、ビワマスなどの魚類やビワコミズシタダミ、セタシジミなどの貝類、ネジレモ、サンネンモなどの水草…。日本最大の湖である琵琶湖(滋賀県)には多くの固有種が棲息している。近年、微小...
    2013年8月9日 18:43
  • 知らないうちにウナギが絶滅の危機に

    日本人が大好きなウナギ。土用の丑の日にはウナギを食べないと気がすまないという人も多い。そんなウナギが絶滅の危機に瀕している。養殖ウナギは、1月下旬~3月上旬に海から遡上してくるシラスウナギを採捕して、...
    2013年7月17日 23:35
  • 西日本のホタルが、せっかちになるわけ

    世界には2000種類のホタルがいる。そのうち日本には45種類のホタルが生息している。よく見かける種類としてゲンジボタルがいるが、その発光パターンは東西で異なる。東日本では4秒に1回、西日本では2秒に1...
    2013年7月17日 23:33
  • ネットで話題の「海の掃除屋」は超小食

    土いじりをしているとよく見かけるダンゴムシ。その仲間は9,000種にも及ぶという。大半は体長1cm程度だが、海に棲むダイオウグソクムシは、最大で体長約45cmにもなる。まさに、ダンゴムシのお化けだ。ダ...
    2013年7月13日 12:13
  • カメは、ワニ・鳥・恐竜と近縁

    理化学研究所や東京医科歯科大学などの国際共同研究グループがスッポンとアオウミガメのゲノムを解読したことで、カメはワニ・鳥・恐竜と近縁であり、約2億5000年前にわかれたことが明らかになった。これまでカ...
    2013年7月13日 12:11
  • クマゼミが関東を制覇。東北へと侵攻中

    日本には、約30種類のセミが棲息している。その中で2番目に大きいのがクマゼミだ。実はこのクマゼミ、もともとは九州に多く、本州ではあまり見られなかった。かつては関東南部が北限であり、東京ではその姿を見る...
    2013年7月13日 01:51
  • 北海道開拓とヒグマの深い関係

    1904~1933年の開拓時代、ヒグマによって命が失われたケースは103件に及んだ。当時、ヒグマは北海道の85~95%に棲息しており、開拓を進める人間と至るところで衝突した。北海道苫前郡苫前村三毛別に...
    2013年5月16日 13:35
  • ネアンデルタール人はウサギを捕れずに絶滅した!?

    20数万年前に出現し、2万数千年前に絶滅したとされるネアンデルタール人。現生人類よりも大きな脳を持ち(ネアンデルタール人の男性の平均が1600cm3。現代人男性の平均1450cm3)、石器や火を使って...
    2013年5月15日 12:22
  • 親知らずにみる、生活変化と人体の相関関係

    第三大臼歯、つまり顔の中心から数えて8番目の歯を「親知らず」と呼ぶ。思春期以降に生え始めるが、現代人の場合、生えなかったり、異常な向きに生えたりするケースが多い。それが原因で炎症などのトラブルが生じる...
    2013年5月15日 12:21
  • このままではオオサンショウウオはいなくなる

    外来種が引き起こす問題のひとつに、固有種との交配が挙げられる。たとえば、岐阜県以西の本州と四国、九州の一部に棲息しているオオサンショウウオと、人為的に持ち込まれ、野生化したチュウゴクオオサンショウウオ...
    2013年5月15日 12:19
  • DNAから絶滅種を蘇らせる日は近い

    遺伝子工学によって、琥珀に閉じ込められたDNAから蘇らせた恐竜たちが大暴れする映画『ジュラシック・パーク』。日本でも大ヒットし、恐竜ブームを巻き起こした。映画公開から20年以上たった今、DNAから絶滅...
    2013年5月15日 12:18
  • 二重らせん構造発見の裏側にあるドロドロ秘話

    DNAの二重らせん構造を明らかにした功績により、1962年にジェームズ・ワトソン、フランシス・クリック、モーリス・ウィルキンスはノーベル生理学・医学賞を受賞した。しかし、この受賞には暗い一面があるとさ...
    2013年5月2日 14:11
  • 私たちは江戸時代とは異なる米を食べている

    日本人の食生活と深く関わっている米。美味しいだけでなく、病気に強く、栽培の手間がかからない米を開発すべく、品種改良が続けられている。初の品種改良が行われたのは大正12年。交配という手法を用いて「陸羽1...
    2013年5月2日 14:10
  • たくさんのトキが日本の空を舞う日も近い

    「ニッポニア・ニッポン」という学名からもわかるように、日本を代表する鳥とされているトキ。かつては日本中のいたるところに見られたが、コメ作りにダメージを与える害鳥であったことや、羽が装飾品として使われた...
    2013年5月2日 13:27