生物

  • 私たちは江戸時代とは異なる米を食べている

    日本人の食生活と深く関わっている米。美味しいだけでなく、病気に強く、栽培の手間がかからない米を開発すべく、品種改良が続けられている。初の品種改良が行われたのは大正12年。交配という手法を用いて「陸羽1...
    2013年5月2日 14:10
  • たくさんのトキが日本の空を舞う日も近い

    「ニッポニア・ニッポン」という学名からもわかるように、日本を代表する鳥とされているトキ。かつては日本中のいたるところに見られたが、コメ作りにダメージを与える害鳥であったことや、羽が装飾品として使われた...
    2013年5月2日 13:27
  • 田んぼを襲うピンクのエイリアン

    最近、田んぼの水路の壁や稲の株にピンク色の卵を見かけることが多くなった。この卵は、スクミリンゴガイ(通称ジャンボタニシ)のもの。この貝は近年、爆発的に増えており、稲の栽培に大きな被害を与えている。もと...
    2013年4月5日 17:20
  • 森の荒廃はニホンオオカミの絶滅が原因!?

    近年各地で鹿の食害が問題となっている、野生動物の食害というと農産物の被害がまっさきに思い浮かぶが、鹿の場合、自然林に大きなダメージを与えていることが問題になっている。鹿による食害が増えた要因の一つに挙...
    2013年4月5日 17:09