地学

  • 土星に1000万トンのダイヤが眠っているかも

    最新の研究により、土星に大量のダイヤモンドが埋蔵されている可能性があることが明らかになった。土星探査機カッシーニがとらえた赤外線画像には、巨大な嵐が捉えられており、これはメタン分子が分解されているもの...
    2014年2月1日 19:13
  • 竜巻の強さをしめす藤田スケールとは

    「Mr.トルネード」といえば、誰を思い浮かべるだろう。メジャーリーグファンなら、個性的な「トルネード投法」で三振の山を築いた野茂英雄さんを思い浮かべるかもしれない。だが、正解は竜巻の研究で大きな業績を...
    2013年12月26日 20:08
  • 大きく進化を遂げた台風予測(その2)

    現在では、人工衛星が台風観測の主役となっている。日本では、静止気象衛星「ひまわり」が役割を担っている。ひまわり1号は1977年に打ち上げられた。現在は7号が活躍中(ひまわり6号は待機運用)。東経145...
    2013年12月6日 20:01
  • 大きく進化を遂げた台風予測(その1)

    台風とは、北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し,なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット,風力8)以上のもの(気象庁ホームページよ...
    2013年12月6日 20:00
  • 巨大な積乱雲、「スーパーセル」の恐怖

    2013年9月2日に、埼玉県・千葉県を襲った竜巻は、発生から消滅までのわずか10分に時速約60キロのスピードで移動し、1500以上の建物に被害を及ぼした。この竜巻をもたらしたのが「スーパーセル」と呼ば...
    2013年12月6日 19:59
  • 25億年前にできた縞状鉄鉱層が見られるカリジニ国立公園

    オーストラリアの国立公園の中でも、際立った特徴を持っているのがカリジニ国立公園である。東京都と埼玉県を合わせたほどの規模があるこの公園の見どころは、ハマスレー山脈。なんとその大部分は25億年前の縞状鉄...
    2013年10月9日 17:31
  • 35億年前に誕生したストロマトライトは今も生きている

    およそ35億年前(諸説あり)に誕生し、地球上で初めて酸素を生成した古代生物ストロマトライト。砂や泥に付着した藍藻が日中に光合成を行い、夜間に粘液を出して堆積物を固着し、さらに上部に分裂して光合成を行う...
    2013年10月9日 17:29
  • NASA公式サイトでバーチャル火星探検に出かけよう

    2013年6月、NASA(アメリカ航空宇宙局)は、火星探査車「キュリオシティ」が撮影した13億ピクセルの火星画像を公開した。キュリオシティは、2012年10月5日から11月16日にかけて、3台のカメラ...
    2013年10月9日 17:28
  • 国内最高気温更新について考える

    酷暑、猛暑、炎暑…。そんな言葉がぴったりだった2013年夏。高知県の四万十市で国内最高気温を更新する41.0度を記録した。ところが、この数字は、2007年に埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市で記録した40....
    2013年10月9日 17:19
  • 人工降雨装置は水不足解消の決め手になるか

    過去100年間で日本の年間降水量は6%も減少した。このような状況の中で、東京都が12年ぶりに人工降雨装置を稼働させたことが話題を呼んだ。では、どのように雨を降らせるのだろう。多くの人が誤解しているが、...
    2013年10月9日 17:14
  • 2014年、「はやぶさ2」が打ち上げられる

    2014年12月に、「はやぶさ2」が打ち上げられる予定だ。はやぶさ2が向かうのは、「1999JU3」という小惑星。はやぶさの目的地だった「イトカワ」とは異なり、こちらには含水鉱物や有機物が存在する可能...
    2013年8月27日 18:44
  • 青く見える系外惑星が初めて見つかった

    系外惑星(太陽系の外にある惑星)のひとつで、地球からおよそ63光年離れていたところにあるHD189733bが、地球のように青い色をしていることが、NASA(アメリカ航空宇宙局)とESA(欧州宇宙機関)...
    2013年8月9日 18:41
  • なんと熱帯夜は約2倍、猛暑日は約3倍に増加

    気象庁が2013年7月12日発表した「気候変動監視レポート」により、最低気温が25度を下回らない「熱帯夜」の年間日数が急増していることが明らかになった。同レポートによると、全国15地点の熱帯夜の年間日...
    2013年8月9日 18:40
  • 地球の水の少なさが生命を生んだ

    地球の表面の7割は海。まさに、「海は広いな、大きいな~♪」である。だが、海水の質量は地球全体の0.02%に過ぎない。水などの水素化合物が凝集し固体となるのに充分な低温となる、主たる恒星(太陽系の場合は...
    2013年7月17日 23:37
  • 往復60億キロ。「はやぶさ」の旅はトラブル続き(後篇)

    落下時の破損により燃料が漏れ、バランスが失われたことで、ハヤブサの太陽電池パネルの向きが変わってしまった。2005年12月9日ついに電波が途絶えてしまう。太陽電池パネルが太陽の方向に向き電力が確保され...
    2013年7月17日 23:36