楽校コラム

植物に音楽を聴かせると成長が早まる、という研究がある

2014年12月4日 16:07

「植物に音楽を聞かせると、成長が早まったり、野菜や果物の場合、味がよくなる」という報告は昔からよく聞かれた。
何かオカルトの臭いがして怪しげに思えるが、実際に味が良くなる、と主張する農家も少なくない。
イタリアのフィレンツェ大学農学部では、ワイナリーのブドウに音楽を聴かせることで、
「ブドウの木の生育、特に若枝の生育に良い影響が見られた。ブドウの木1本あたりの総葉面積は、ブドウ園のものも鉢植えのものも、音楽を聞かせた木の方がつねに大きかった。また、比較対照として音楽を聞かせなかった鉢植えのブドウのつるには、生育の遅れが見られた」
という結果を発表している。
これは音楽に神秘な力があるのではなく、振動の問題ではないか、とする報告もある。植物が水を吸い上げるのは毛細管現象だが、これが音の振動で促進され、水分や栄養が多く摂取されるので成長が早まる、というのである。
まだ結論が出るには至っていないようだが、音楽につつまれた野菜畑、などというのは考えただけで楽しい。研究結果がまとまる日を期待したい。

『農作物の音響栽培方法』
http://astamuse.com/ja/published/JP/No/2007312760

<前の記事【】 次の記事【】>