英語

「eラーニング」は語学力向上の切り札になるか

2013年10月9日 17:38

グローバル化が進む中で、使える外国語、とりわけ英語を身に付けることの重要性が高まっている。そんな中で注目を集めているのが「eラーニング」、すなわちコンピュータを使用した学習法である。麗澤大学(千葉県)では2013年から、eラーニングを正式な授業に採用した。「先生」はインターネット上の語学学習ソフトで、インターネット環境が整っていれば、いつでも、どこでも授業を受けることが可能である。語彙力の向上には音を聞く時間が必要だが、通常の授業では十分な時間をとることが難しい。eラーニングを活用することで大きな成果が期待できるという。とはいえ、eラーニングは自主学習。学習効果は学生のやる気にかかっている。

(参考 毎日新聞 2013年8月5日)

 

「eラーニング」

 

 

<前の記事【】 次の記事【】>