英語

“ホームベース”も“トップバッター”も“フォアボール”も“デッドボール”も英語では通じない

2014年12月22日 20:02

太平洋戦争中の日本は、英語を敵国の言語(敵性語)とみなして使用を禁止していた。野球も例外ではなく、用語を日本語に置き換えるよう指示があった。ストライクは「よし」、ボールは「悪球」、セーフは「安全」、アウトは「無為」などとされていたが、、

※続きはこちらをご覧下さい。

<前の記事【