現代社会

甘党、大ショック!WHOが砂糖摂取量の新指針を提言。

2014年5月11日 00:12

2014年3月5日、WHO(世界保健機関)は、砂糖の摂取量の上限目標をこれまでの半分にする新指針案を提言した。2002年に設定された指針では、食物から取り込む熱量のうちに砂糖が占める割合を10%以下としていたが、新指針案では5%以下となる。これにより、成人が1日に摂取できる砂糖の量は「50グラムまで」から「25グラムまで」になる。なお、現在の日本人の砂糖の平均摂取量は1日69グラムである。
これはどれくらいの量なのだろうか。自販機で売られているドリンクに含まれる砂糖の量を調べてみた。

炭酸飲料(コーラ)500ml /約57グラム
スポーツ飲料 500ml/約34グラム
缶コーヒー 190ml/約16グラム
紅茶飲料 500ml/約39グラム

なんとコーラ半分で1日の摂取量を越えてしまう。ちなみに80グラムのアンパンに含まれている砂糖は約23.4グラム。コーラとアンパンと一緒に食べると、3日分以上の砂糖を摂取することになる。

「WHOが砂糖摂取量で新指針案 炭酸飲料1缶で摂り過ぎに」
「砂糖の適時・適正摂取は身体の働きにどのように影響するか」
「砂糖が脳と身体に及ぼす影響。過剰摂取を防ぐためのテクニックも紹介。」

<前の記事【】 次の記事【】>