保健体育

古代の人々と水泳の深い関わり

2013年8月27日 18:34

数千年前のエジプトでは、水泳は生活の一部だったため、それを表す象形文字が残っている。また、化粧に使われたと考えられる泳ぐ女性の形に彫られたスプーンも発見されている。古代ギリシャでも泳ぎは重視されていた。「無知な人とは、文字も読めなければ、泳ぐこともできない人である」という諺があり、哲学者プラトンも引用している。彼の師であるソクラテスは、「水泳は人を死から救う」と述べている。マケドニアのアレキサンダー大王は泳げないことを恥ずかしく思っており、「私はこの上なくみじめな男だ」と嘆いたという。(参考 『なぜ人間は泳ぐのか』(リン・シェール))

 

<前の記事【】 次の記事【】>