国語

『羅生門』が世界のクロサワを生んだ!

2013年4月5日 16:55

芥川龍之介の作品『藪の中』と『羅生門』をベースに、黒澤明が撮った映画『羅生門』。国内に敗戦のダメージが残る昭和26年(1951年)にヴェネツィア国際映画祭グランプリを受賞。これを機に黒澤明に対する注目度は一気に高まった。もっとも複雑なストーリーから、受賞するまで国内ファンの評判はイマイチで、配給元の社長も「わけがわからん」と言っていたとか。1964年には当時の大スターポールニューマン主演でリメイク(タイトルは『暴行』)された。ちなみに1989年にジム・ジャームッシュ監督が撮影した『ゴーストドッグ』では、武士道に魅せられた黒人の殺し屋が『羅生門』を愛読している。

黒澤明 作
羅生門(1950)15分鐘濃縮版

次の記事【】>