国語

森鴎外は「まんじゅう茶漬け」が大好きだった

2013年5月2日 13:47

陸軍軍医でもあった森鴎外は超甘党であった。好物のひとつは焼き芋。「消毒されていて、滋養があるから」というのが理由だったようだ。アンパンも好きだった。また、娘の森茉莉によると、鴎外は大きなまんじゅうを4つに割ってご飯の上に載せ、煎茶をかけて美味しそうに食べた。子どもたちは争って、父に習って同じように食べたという。また、鴎外家では果物を煮て食べた。こうした奇妙に感じられる習慣は、彼がドイツで衛生学を学んだことと深く関わっているようである。ちなみに煮た果物しか食べたことのなかった茉莉は親類宅で生の水蜜桃を食べて衝撃を受けたという。厳格なイメージがある鴎外だが、子どもには非常に優しい父親であった。

 

「森鴎外 作品リスト」

「文京区立 森鴎外記念館」

<前の記事【】 次の記事【】>