生物

「チャールズ・ダーウィンはビーグル号の船中でゾウガメの肉を食べていた」

2014年10月24日 21:59

1831年から36年にかけての5年間、若き日のチャールズ・ダーウィンは英海軍の調査船ビーグル号に搭乗して世界を回った。航海の目的は南米の海岸線の測量だったが、この航海は後に、ダーウィンが進化論を表す原点となった旅としてあまりに有名だ。

※続きはこちらをご覧下さい。

<前の記事【】 次の記事【】>