数学

なんと隕石で死ぬ確率は、雷で死ぬ確率より高い

2013年4月5日 17:10

2013年にロシアのウラル地方で起きた隕石の落下は記憶に新しい。幸いなことに死者は出なかったようだ。ところで、米国テューレーン大学の資料によると、任意の1年で隕石の落下で死亡する確率は、最大で250,000分の1。地震(130,000分の1)、竜巻(60,000分の1)、洪水(30,000分の1)、飛行機の墜落事故(30,000分の1)、自動車の衝突事故(90分の1)に比べると当然低い。ところが、雷が直撃することによる死亡確率200万分の1よりは高いのである。その理由は、大型隕石落下による死者数の多さなどにあるという。外出の際はくれぐれもご注意をと言いたいところだけど、効果的な自衛策はない。幸運を祈ろう。

 

次の記事【】>