数学

スコットランドの貴族が20年がかりで作った対数表

2013年7月13日 12:02

対数とは、ある正の数 (真数) が,ある 1 でない正の数 (底) を何回かけ合わせたかを示すもの。真数を 8、底を2とすれば,と表記する.すなわちとは「2 を何乗すれば 8 になるか」というときの「何乗」に値する数値である。=8 だから  =3となる。あらかじめさまざまな正の数を、1でない正の数の回数分掛けたものを表にしておけば、計算の手間は大幅に減ることになる。16~17世紀を生きたスコットランドの貴族、ネイピアはこのことに着目し、たった一人で20年かけて対数表を完成させた。16世紀のヨーロッパは、大航海時代であり、天文学が盛んになった時代でもあった。大きな数を計算する機会が増えたことから、対数表は大いに重宝された。(参考 朝日新聞 2013年5月12日)

 

「【対数】対数はなんの役に立つのか」

「対数の発明」

<前の記事【】 次の記事【】>