地学

NASA公式サイトでバーチャル火星探検に出かけよう

2013年10月9日 17:28

2013年6月、NASA(アメリカ航空宇宙局)は、火星探査車「キュリオシティ」が撮影した13億ピクセルの火星画像を公開した。キュリオシティは、2012年10月5日から11月16日にかけて、3台のカメラを使って火星を撮影。NASAが今回公開した画像は、これらの写真を組み合わせたものだ。なお、撮影場所はロックネストと呼ばれる場所で、キュリオシティはここで砂のサンプルを採取した。公開された画像は、360度周囲を見渡せるものとパノラマバージョンの2種類。ズームアップして詳細な画像を楽しむこともできる。荒涼とした光景を見れば、地球の美しさを再認識するに違いない。

 

「NASA」

「NASAの火星探査車「キュリオシティ」、火星の月を撮影」

マーズ・サイエンス・ラボラトリー 」

<前の記事【】 次の記事【】>